2015年03月14日

【セッションミキサー対決】Roland HS-5 VS Jamhub

JamhubとRoland HS-5、自宅バンド練習機を徹底比較!

hs-5vsjamhub.jpg

どちらがキングオブセッションミキサーの名に相応しいか!?

さて、前回ヘッドフォンを使ってサイレントにバンド練習が出来るRoland HS-5を紹介しました。

しかし、それよりも前に紹介していたJamhubも実はほぼ同じような商品で、どちらも"セッションミキサー"とでも言うべき位置づけのものです。

機能としては本当のほぼ同じようなものですが、この二つの商品の特徴や違いを比較してみましょう。

Jamhub各種&Roland HS-5スペック比較表

 チャンネル数録音機能

売価

Roland
HS-5

最大 5

USBケーブル経由PC接続 /
USBメモリー

62,000円

Jamhub
TourBus

最大 7

USBケーブル経由PC接続 /
SDカード

95,000円

Jamhub
GreenRoom

最大 7

USBケーブル経由PC接続

63,000円

Jamhub
BedRoom

最大 5

-

37,000円 

※売価は2015年3月調べのおおよその相場です。

特徴を比較

Jamhub三機とHS-5のスペックとおおよその売価をザックリと並べて見ますと、HS-5がなんだか割高に見えるかもしれません。

が、よく見てみるとJamhub三機種のどれとも微妙に被らないようにうまくスペック・売価が設定なされているのがわかるかと思います。

まず、ほぼ同じ価格帯であるGreenRoomに比べチャンネル数では劣っていますが、HS-5はUSBメモリーへの直接録音機能が付いているのでその分は優位に立てるといったところでしょうか。

逆にJamhubでPCに繋がず直接録音できる機能が欲しいと思ったら、売価で10万円近いTourBusを選ぶ必要があります

また、USBケーブル経由でPCに接続した場合、HS-5はそのままマルチトラックレコーディングが可能です。

Jamhubは特に明記されていませんが、別売りでマルチトラックレコーダーが販売されているので、Jamhub本体だけではマルチトラックレコーディングは不可能と思われます。

PCにつないでDAWソフトでパートごとにトラック処理したいという場合はHS-5の方が良いでしょう。

このように、レコーディング機能を考えればHS-5はなかなか優秀。

ただ、HS-5は一人一人が各自他のパートのモニタリングの音量が調節できません。

ヘッドフォンを使わない通常の練習であれば同じですが、Jamhubは一人一人が各自自分のヘッドフォンに流れる音量をパートごとにいじることができるので、例えばドラムはベースだけを強調して聞くとか、ボーカルはギターを強調して聴くとか、ということが出来るんですよね。

練習するにおいて、これは結構いい点だと思います。

まとめ

色々書きましたが、Rolandさんは後発でありバリエーションも一機種だけながら、Jamhubの3機種の間をうまく縫ってきた印象ですね。

7チャンネル必要という場合はJamhubしか選択肢はありませんが、そんな大編成なバンドも日本では少ないでしょうし、録音がしたいというのであればHS-5が良いでしょう。

逆に、録音よりも練習がメインであればHS-5よりもJamhubの方が良いでしょう。

各自細かくモニタリング音量を調整できる点は結構メリットかと。

以上ザックリとではありますが、JamhubとRoland HS-5の比較でした。

ご購入を検討されている方のお役に立てれば幸いです。

ちゃお!

【関連記事】

posted by 鮪の缶詰 at 19:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 楽器用品・グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのコメント
肝心の音質についてなにも書いてなくて笑った。
Posted by 通りすがり at 2017年05月24日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415605730

この記事へのトラックバック