2014年12月01日

【なんでも打楽器!】Korg CLIPHIT

身近なものをなんでもかんでも電子パーカッションに

楽器フェア2014_KORG_cliphit.jpg

楽器フェアで見かけたCLIPHIT。本体から伸びる何本ものクリップがミソ。

いやぁ、楽器フェアの記事をたくさんの方が読んでいただいて、大変うれしいです。

もはやこのまま更新しない方がアレなんじゃないかとも思ったのですがやっぱりそれもなんなんでそろそろ本分である面白楽器の紹介を再開させて頂きます。
(アレとはなんなんでとかなんなんだワケわからん)

今は立派なパーカッショニストのあなたも、別の楽器の道に進んだあなたも、そもそも楽器なんてやってないというあなたも…

子供の頃、お茶碗やらコップやら何やらを並べて、ハシで叩いて遊んだことありますよね。

鮪もそんなことをやって、ついつい盛り上がってYOSHIKIばりの激しいドラミングになって皿類を割ってしまったりで、しょっちゅう親に叱られていました。

割れないものでやればよかったんですけどね。そういう問題でもないかもですけど。

そんな子供心を再び呼び起こすようなアイテムが登場しましタ…

なんとこのCLIPHIT、挟んだものすべてを電子ドラムにしてしまうというスゴイヤツなのです!


しゅ、しゅごい…

なんかそんな能力とかスタンドとかいそうですね。

「わがスタンドがはさんだものは全てッッッ!!電子パーカッションと化すッッッッ!!!(ズギャーン!)

みたいな。

korgcliphit.jpg


CLIPHIT本体。3本のクリップとペダルが1つ付属しており、ペダルは更に1つ追加可能。

つまり、冒頭の画像のようにクリップが挟めるものであれば、本だろうがシャモジだろうがもんじゃ焼きだろうがなんだろうが、電子パーカッション化して、CLIPHITから色々な音を出して楽しむことができるのです。

…ゴメンナサイもんじゃ焼きはさすがに無理っす。

なんだか子供のオモチャみたいな感じで言ってしまいましたが、実際にはどこでもその辺にあるものを利用してドラムの練習が出来る!という画期的なアイテムなのです。

どうですか?

お気に入りのお椀とか、叩きたくなってきませんか?

ちなみに、この機能はちょっと微妙な気もしますが、クリップ無しでもCLIPHIT本体を叩くことで音を出すことも可能です。

CLIPHITの機能とかサイズとか。

サイズが横163 x 縦173 x 高さ101 mm。

数字だけだとピンときませんが、一般的なお茶碗をひっくり返して一回り大きくした感じってところでしょうか。

電池でも駆動するので持ち出すのにも便利という使用。

一応練習用のグッズでもあるので、ヘッドフォン端子・AUX端子もついています。

CLIPHITという名の通りクリップを使うのですが、クリップさえはさめれば割となんでも良さそうな雰囲気。

元々フットペダルが一つついていますが、もう一つペダルを追加することが可能。

フットワークも含めた練習が可能です。

どんな具合になるのか、動画も載せておきますね。

でも、お高いんでしょう?

お値段は安いところでは1万円ちょっとで販売しているようです。

KORG CLIPHIT 送料無料 ドラムコネクション

KORG CLIPHIT 送料無料 ドラムコネクション
価格:10,800円(税込、送料込)


値段の目安にでもどうぞ。

電子ドラムの代わりとして考えれば安いもんですね。

オモチャにはちょっとお高いかもですけど、お子様にも良さそうです。

…結局子供のオモチャと言うところに戻ってきてしまった。orz

いや、子供のおもちゃにしてはちょっと高いのかな…

大人のおもちゃとしてであればまぁ手が出せる、ってところでしょうか。

あ、なんかいい響きですね。

CLIPHIT 〜大人のおもちゃ〜 っていうキャッチコピーで売れるかも知れません。

…やっぱりそういう問題でもないのかも知れません。


さて、貧乏人の鮪はおうちのコップでも叩いて遊びますかね…

ちゃお!


posted by 鮪の缶詰 at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーカッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409902374

この記事へのトラックバック