2014年08月10日

アコギのワイヤレスピックアップ Shadow SH PMG-W パナマグ

アコギ用ワイヤレスピックアップマイク

シャドウワイヤレスシステム パナマグ.jpg

なかなか面白いアコギ用の後付けピックアップを見つけました。

アコギにピックアップをとりつけたいけれど、愛機に穴を開けたり改造はしたくない… 』

エレアコでステージを縦横無尽に歩き回りたいけど、シールドが邪魔

そんな方に朗報です。

なんと、アコギ用のワイヤレスピックアップシステムがあったのです。


その名もSH-PMG-W パナマグ

製造しているのはアコギ用の後付けピックアップで有名なドイツのShadow社です。

演奏動画

アコギ×ワイヤレスピックアップのメリット

SH PMG-W パナマグ本体をホールにはめる形でセットするのですが、この本体がピックアップとしてだけではなく、ワイヤレストランスミッター(送信機)としての役割も持っているんです。

セットになっているレシーバー(受信機)をアンプの近くに置いてアンプに繋げば、メーカー公称スペック上30メートル程度離れていてもアンプから音が出せるそう。

鮪はワイヤレスピックアップシステムなんて初めて知ったのですが、これってただシールド要らずで動きやすい、というだけでないんですよね。

ギター自体に配線・アウトプットジャックも必要ないという点がメリットとして大きいです。

シャドウワイヤレスシステム パナマグ取り付け.jpg

ホールにはめるだけなので、配線やギターの改造が不要

これによってアコースティックギター本体に何も加工をせずに取り付けができるんです。

改造も無しに自分の愛機を手軽にエレアコ化できるという意味ではかなり良いです。

SH PMG-Wをパッとはずしてしまえば元の生ギターに戻りますし。


ホールにはめるだけなので、弦を替えるタイミングなど、弦が無ければ本当に簡単に取り付け・取り外しができます。

モノグサな人は、弦をはずさずともペグを緩めまくれば大丈夫でしょう。

もちろん、その際は本体にぶつけて傷なんかをつけないように気を付ける必要はあるのですが。

SH PMG-W パナマグの特徴

サウンドホール取り付け式のピックアップとしてはスタンダードなマグネティックタイプのピックアップです。

サウンドホールの対応直径は96mm〜106mmと、普及しているアコギなら大抵大丈夫でしょう。

プリアンプも内蔵していて、音質的にもGOOD。もちろん、アンプに繋ぐレシーバーもセットです。

シャドウワイヤレスシステム パナマグ 受信機.jpg

SH PMG-W パナマグのレシーバー

トランスミッターの電池は充電式で、アンドロイド端末と同じTypeA〜MicroBのUSBケーブルで充電します。

充電コネクタはトップ面に配しているので、トランスミッターをギターにつけたままでも充電が可能です。

使う時のことをよく考えた親切設計ですね。

充電電圧は5Vで、スマホ・iPhoneと同じ要領でPC等からももちろん充電できますし、USB用電源アダプター(5V)も付属しています。

SH PMG-W パナマグ ミュートとしての側面とハウリング

ピックアップ本体(送信機)の形状的にはホールをほぼすっぽり覆うような形になっています。

「 こんなにホールふさいじゃったら音が鳴らないじゃん! 」

と思うかもしれませんが、実を言うとエレアコが 『 よく鳴る 』 というのは却ってよくないんですよね。

よく鳴るギターほど、アンプに繋いだ時にハウリングに弱いのです。

そのため世の中にはホールのないエレアコなんかもありますし、ピックアップ後付けでアコギをエレアコにするという方の中には、あえてサイド・バック材を単板のものではなく合板のモデルをベースにするという方もいる程。

なので、ミュートのようにすっぽり覆ってしまうPMG-W パナマグの形状はむしろアコギをエレアコとして使うに適していると言えるでしょう。




posted by 鮪の缶詰 at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器用品・グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403452725

この記事へのトラックバック