2014年05月25日

ギロ 〜洗濯板ちゃいまっせ〜

ギラもちゃいまっせ。ギロやギロ。

ギロ.jpg

洗濯板じゃありません。ドラクエの呪文も違います。

節子それギロちゃう!ギラや!

どうせそんな風に思われると分かっていたので、先に断っておきました。


ラテン音楽でよく使われるれっきとした楽器ですよ。


ギロ演奏動画


ワールドスローミュージックさんより拝借


グイロとかグィロとか呼ばれるとwikipediaでは言われていますが、やはり呼び方はギロが一般的ですね。

基本的にはヒョウタンをくりぬいて造るのですが、木製の物は特に『 ウッドギロ 』と呼ばれます。


もう片手で持った棒で叩いたり蛇腹の部分をこすったりして、リズムを造る打楽器です。

ギーチャッチャッ ギーチャッチャ って感じで結構面白いリズムになります。

…一人だとなんともさみしい感じが拭えませんが、アンサンブルの中でいい味を出してくれる面白い楽器です。


短いのですが、いい感じにギロがはまっている動画を見つけたので…


ギロの難点は、やはり民族楽器というところで演奏されている方が少ないことでしょうか。

その割には打楽器コーナーのある楽器屋だと大抵扱っているし、パーカッションとしてはかなりメジャーな部類だと思うのですが。

割とシンプルな楽器なので、パーカッションをたしなんでいる方であればすぐになじめるかとは思います。

他のもろもろのパーカッション同様、そのシンプルさがまた奥深いのですが…


ちゃお!



posted by 鮪の缶詰 at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーカッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。