2014年04月05日

ダイナレット ギター枕

ギター用の枕????

ダイナレットギター枕.jpg

専用のケース付きで持ち運びらくら…く?

ギター枕とかいうと、調整の時等に机の上にギターやベースを置くために使われる

いわゆるネック枕を思い浮かべる方も多いでしょう。


しかし、違います。ギター枕はギター枕です。ネック枕とは違います。


クラシックギターに限らず、アコースティックギター界でも今密かに人気のアイテムです。

ギター枕なんてどんな使い方をするの?

ズバリ、こうやって使うんです。

ダイナレットギター枕小 使用感.jpg

なるほどこれなら膝は曲げずとも最適な演奏状態が維持できる。

 『 ギター支持具 』 ということになるでしょうか。

ギター枕の特徴その1 足台よりも体に優しい。

特にクラシックギターを演奏する方は奏法上、座って弾く時足を組まない方が多いのですが、
(左手でネックを持ち、座った股の間にボディーをで挟むような形で弾く)

それだとギターボディーが低くなり弾きづらいという方は、足台を使う方が多いです。


が、長時間膝があがった状態になってしまうため足が疲れてしまうのです。

血流も悪くなってしまいますし、腰に負担がかかり、実際に腰痛になってしまう方も…

このギター枕なら膝を上げない状態でギターのボディーが持ち上がった状態にしてくれるので

そういった心配もありません。


となると、こんなのクッションなら何でもよさそうなものですが、そこはギター枕ギター枕たるゆえんがあります。

ギター枕特徴その2 ギターと膝に最適化されたサイズと角度

ダイナレットギター枕横から.jpg

こんな具合に膝の部分からももの部分に向かって傾斜がつけられているので、

足台無しで座っていて膝が上がっていなくても、ギターが下を向かず済むのです。


もちろん、ギターを傷つけない素材で出来ているのでその辺りも安心です。
そして二種類のサイズ
そしてダイナレット ギター枕には大・小の2サイズがあります。

ダイナレットギター枕大 使用感.jpg

この写真はサイズ大の方を使った場合の画像。

実は上のほうで挙げた写真がサイズ小を使った時の写真です。


大の方がボディーが上に上がっていて、より膝を組んでギターを構えた時に近い状態ですね。

比べて小のほうは大よりも低い場所で構えることになります。
ダイナレット ギター枕のサイズ(おおよそ)
・大 幅 20センチ 高さ 15センチ 奥行き 16.5センチ
・小 幅 20センチ 高さ 12センチ 奥行き 14.5センチ


このダイナレットギター枕、唯一の難点があるとすれば、かさばることでしょうか。

足台なんかは折りたためばギターケースのポケットにに入りますが、

ギター枕は文字通り枕、クッション(しかもけっこうしっかり硬い)ですから、

さすがにポケットに入れられるケースはあまりありません。


一応ケースというカバーがついているので

ダイナレットギター枕 ケースに取り付け.jpg

こんな具合にギターケースなどにくくりつけることができますし、重さはあまりないのでそんなに苦労するほどではないと思いますが。


いずれにしても、特に長時間練習するクラシックギタリストにおすすめしたいアイテムです。

ちゃお!



posted by 鮪の缶詰 at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器用品・グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。