2014年01月10日

カホンの演奏用品 外付けピックアップ PU-4C

カホンに演奏用品は不要?

カホンという楽器が近年ストリートミュージシャンたちに大人気だというお話を前回致しました。

これは本当です。

ですが…

正に外道.jpg


いや、実際普通にカホンを演奏するだけなら確かに絶対必要!というものはないのです。

ぶっちゃけ鮪が 『 まさに外道 』 っていうくだりをやりたかっただけで。


しかし、カホンはシンプルなだけあって拡張性が高く、色々な後付グッズが販売されています。

その汎用性はさしづめザクといったところでしょうか。

全部つけたらフルアーマーユニコーンくらいゴテゴテしそうなレベルですが…


中でもライブをやったりなんかするカホン叩きのみなさんにとってマストアイテムとなりつつあるアイテムがあります。

(これは本当ですよ。)


それがこの、PU-4C
東北に本拠地を置くカホン工房 ARCOさんにより発売されているグッドアイデアな便利アイテムです。

要はカホン用ピックアップマイクなのですが、他のピックアップマイクと違って取り付けに改造する必要がないのが最大の特徴。

外付けという位置づけながらも、ただカホン本体の中に置くだけでOKという、
工具どころかそもそも取り付けが必要ないお手軽仕様なのです。



ピエゾピックアップをボックスにいれる、という辺り、発想的には以前ご紹介したストンプボックスに通ずるところがあります。


最初からピックアップを搭載しているカホンもありますが、

いつもの愛機をそのまま活かせる、というところがこのPU-4Cが活きるところでしょう。


もしライブでスピーカーへ音を通したいという時にピックアップを内蔵していないカホンを使う場合はカホン本体に向けてマイクを立てて音を拾う必要があります。

これがなかなか面倒なんですよね。

周りにマイクがあると動くにも何かと気を使うし、距離だったり色々バランス調整が必要。


しかもマイクは空気の振動=出音のみを拾いますが、PU-4Cなら本体の内部で本体そのものの振動を音として拾うので、マイクを立てるよりも手軽により良いサウンドが得られると評判です。

もちろん、マイクも立ててあげてミキサーでブレンドすればより空気感も出せます。

XLRでのバランスドアウトプットも出来る仕様で、チープな外観(ARCOさんに失礼)の割に意外と本格派。

いや、鮪は好きですよ、こういう自作っぽい系の外観。

PU-4C音が出ないと思ったら…

電池を確認しましょう、という超初歩的な話は置いといて。

PU-4CをXLRケーブルを使って使う時、ダミーでいいのでシールドケーブルをインプットジャックに挿しておく必要があります。

PU-4C 音が出ない時.jpg

インプットジャック部分が電源になっていて、ケーブルが挿さっていないと電源が供給されないんですよね。

なお、ファンタム電源を使う時はケーブルを通して電源が供給されるので、特に挿しておく必要はありません。

鮪のARCOさん思い出話

元々、かなり以前よりARCOさんは国産カホン工房として人気でよく注文が入るので、鮪が楽器通販屋で働いていた頃はかなりお世話になっておりました。

2011年の一時、全く気にもしないで当たり前の様に発注をかけたところ、しばらく製作・出荷ができないということで 「 え、なんで? 」 となったのですが、それもそのはず、ARCOさんは東北は宮城県の石巻に本社があるんですね。

そう、3月11日東日本大震災の被害を受けていたんです。

鮪、その時までARCOさんが東北の企業だと全く知らず。

ここで初めて、震災で東北が大きな被害を受けたんだと、テレビからは伝わらない実感を得ました。

幸いARCOさんは被害がそこまで大きくはなかったようで製造体制は割とすぐに復旧したのですが、それからずっと、「 頑張ろう石巻 」 をテーマに地元の復興ために尽力されているようです。

ちょっといいお話。
全然関係ない雑談
何よりも鮪がこのPU-4Cを気に入っているのは、
ケースがどう見てもタカチ電機工業さんのアルミダイキャストボックスであること。

多分TD-7-10-3Nといったところでしょうか。

エフェクターを自作したことがある方ならお世話になることもあったでしょう。
(だから鮪にはチープに見えたわけですが)


カホンとは関係ないが、まぁぁああったく関係ないが鮪としてはこの点が最も気に入っています。

※チープチープと言っていますが、意外と安くありませんこのアルミボックス。

エフェクター自作界では材料費で高くつくのは ケース>スイッチ>ポット と相場が決まっています。

熱くなってきましたが、ちょっとふざけ過ぎたようなので、今日はこの辺でにしておきましょう。



posted by 鮪の缶詰 at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | パーカッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック