2013年12月20日

HARIO ガラスのチェロ

HARIO ガラス楽器特集第3回目 ガラスのチェロ

ガラスのチェロ.gif

さて、色々な楽器をガラスで製作していますHARIOさん。

前々回でガラスのクラシックギター
前回でガラスのバイオリン 『 玻璃王バイオリン 』 をご紹介しましたが、

まだまだガラスの楽器を造っています。

前回のバイオリンに引き続き、なんとガラスのチェロまで。


バイオリンに引き続き、世界初のガラスのチェロ

そしてガラスのクラシックギターに引き続き、こちらも市販はされていません。
(バイオリンは16分の1サイズのみ受注生産で販売中。詳しくはこちらから)

なんと体重11kgの重量級。(※通常の木製チェロは3kg前後)

ちょっと草生えそうです。はっきり言っておでぶちゃんです。

チェロは置いて演奏する楽器だからいいものの…
やはりガラスの楽器というのは現代の技術でもあまり現実的ではないのかも知れません。

まぁ鮪はぽっちゃりも好きですがね…

おおっと。


ガラスのチェロ 公式説明・スペック
ガラスのチェロ 公式ページ
http://www.hario.com/whatsnew/cello.html

(上記特設ページより引用)

「ガラスのバイオリン」に引き続き、技術と芸術のコラボレーションをテーマに、新たな可能性を追求し、 弊社の持つ最高の技術を注入して、世界で初めての「ガラスのチェロ」を完成させました。
「ガラスのチェロ」の基本工程はバイオリンと同じですが、大きさが比べ物にならないため、製作段階で大変な苦労がありました。 まず40体余りを成型し、試行錯誤を重ね、ようやく1体の完成に至りました。 耐熱ガラス製で重量は約11Kg(※木製チェロは約3Kg)。

バイオリンに引き続き、チェロ・ビオラの完成により、 全てガラス製の楽器による弦楽四重奏が可能となり、新たな音の可能性を広げることが出来たのです。

耐熱ガラス(硼珪酸ガラス)製
重量約11kg(木製の場合3kg)
発表 2004年12月14日




posted by 鮪の缶詰 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383072745

この記事へのトラックバック